誘拐・略取(未成年拐取・営利目的拐取)について

Site map

誘拐・略取(未成年拐取・営利目的拐取)について

誘拐・略取(未成年拐取・営利目的拐取)について

未成年拐取

人を略取若しくは誘拐する行為のうち、未成年者に対するもの、又は身代金、国外移送、営利、わいせつ、結婚若しくは生命身体への加害の目的で行うもの、等について、刑法224条から229条で犯罪として定められています。


誘拐と略取をあわせて「拐取」と呼びます。

略取とは
略取とは、暴行または脅迫を手段として、
人を生活環境から不法に離脱させ、
自己または第三者の事実的・実力的支配化におくことです。
誘拐とは
誘拐とは、欺罔または誘惑を手段として、
人を生活環境から不法に離脱させ、
自己または第三者の事実的・実力的支配化におくことです。

略取・誘拐、および被略取者引渡し等の罪は、いずれも未遂の場合も処罰されます(刑法第228条)。

なお、不法に人を略取・拉致する等した場合、または監禁した場合には、逮捕・監禁罪(刑法第220条)となります。

また、人を逮捕・監禁した上、これを人質にして、第三者に対し、義務のない行為を強要するなどした場合、「人質による強要行為等の処罰に関する法律」が制定されています。




未成年者略取罪・未成年者誘拐罪

未成年者略取罪と未成年者誘拐罪は、いずれも刑法224条で規定されており、刑事罰は、いずれも同じで「3月以上7年以下の懲役」となります。

刑法 第224条(未成年者略取及び誘拐) 未成年者を略取し、又は誘拐した者は、3月以上7年以下の懲役に処する。

本罪に定める未成年者とは、20歳未満の者のことをいいます。
本罪は親告罪です(刑法229条)。

成人の場合には、営利目的や人質目的等のみ処罰を定めているのに対し、未成年者の場合には、目的の如何にかかわらず処罰を定められています。
未成年者本人の承諾があっても、違法性は阻却されません。

「未成年者略取罪・未成年者誘拐罪」の保護法益は、未成年者の自由のみならず、保護者の監護権も含まれます(大判 明治43年9月30)。

必ずしも未成年者自身に対して加えられる場合に限らず、その保護監督者に対して加えられても適用されます(大判 大正13年6月19日)。

略取および誘拐は、未成年者を場所的に移転させることを要するとしています(大判 大正12年12月3日)。




営利目的等略取及び誘拐罪(刑法225条)

営利、わいせつ、結婚又は生命若しくは身体に対する加害の目的で、人を略取し、又は誘拐した場合については刑法225条で規定されており、刑事罰は「1年以上10年以下の懲役」となります。

刑法 第225条(営利目的等略取及び誘拐) 営利、わいせつ、結婚又は生命若しくは身体に対する加害の目的で、人を略取し、又は誘拐した者は、1年以上10年以下の懲役に処する。

1)営利の目的
たこ部屋で働かせて利益を得る目的
誘拐行為により第三者から報酬を受け取る目的、等
2)わいせつの目的
姦淫の目的
性風俗関係のサービスに就業させる目的、等
3)結婚の目的
戸籍上の夫婦になる目的
事実婚(内縁関係)の目的、等
4)生命・身体に対する加害の目的
殺害、傷害、または暴行を加える目的
臓器摘出の目的、人身売買の目的、等


営利目的とは、みずから財産上の利益を得、または第三者に得させる目的をいいます。
取得すべき利益は、不法なものであることは要しません。
一時的に利益を得る目的でもよく、必ずしも継続的に利益を得る目的であることは要しません(大判大9・3・31)。

借金を弁済させる目的で売春業務に従事させる場合も、これに該当します(大判大正14・1・28)。
必ずしも拐取行為自体によって利得する場合に限らず、拐取後の行為によって利得しようとする場合も含まれます(大判昭和2・6・16)。
また、拐取者自身の負担によって利益を得ようとする場合のほか、拐取行為に対する第三者からの報酬を得る目的でも成立します(最決昭和37・11・21)

東京高等裁判所 昭和31年9月27日 判決
「未成年者に対する誘拐行為であっても、それが営利の目的に出たものであるときは、刑法第224条を適用すべきではなく、同法第225条によって処断すべきことは右各法条の文理上明らかであるのみならず、その立法趣旨に照らしてもまた疑を容れる余地がないから、本件の被害者は未成年者ではあるが、もし被告人に営利の目的があったならば、その所為は単なる未成年誘拐罪ではなく、刑法第225条所定の営利誘拐罪が成立するものといわなければならないのである。」




事務所概要